胃酸を抑える薬で感染症

胃酸を抑える薬で感染症

胃酸を押さえる胃薬では、胃の中の酸が弱くなり感染症にかかるリスクが高まります。胃の中が強い酸性を保っているのにはわけがありるのです。H2ブロッカーを長期服用することで、胃の中の環境が変化してしまいます。

 

・ 胃の中はつねに酸性に保たれる
・ 空腹時が最も酸性が強くなる
胃が酸性を保たれているのは単に食物を消化するだけのものではないのです。食物と一緒に入ってきたバクテリア、細菌などを排除し体への影響を少なくする働きもあります。

 

実は体温が保たれているからだの中は菌が繁殖するのに最も適しています。それをやっつけ増殖しないようにしているのが胃の酸なわけです。胃できちんと殺菌しておかないと、小腸や大腸に菌が移動し、体が感染症にかかるリスクが増えてしまいます。

 

実際にある調査では胃酸が少ない人はブドウ球菌や連鎖球菌が増えていることが確認されています。菌が増えると肺炎や気管支炎などの感染症リスクが高まるとされています。

 

H2ブロッカーは胃酸の分泌を抑えてしまう薬ですから、長期服用は避けるようにしましょう。胃酸が出過ぎて胃までも溶かしてしまうなら飲む必要があるといえますが、予防目的では不要なものと考えられます。胃に不調が見られキリキリした痛みなどを伴う際に、病院を受診しなくても抑えられる治療薬として利用しておくと良いでしょう。